種類・被害type

シロアリ駆除 > 種類・被害
シロアリの種類や被害について

シロアリはどのような生き物?

シロアリは、地中に構築した巣から蟻道と呼ばれるトンネルを張り巡らせ、その中を移動しながら絶えず餌を探し回っています。普段は枯れた木や落ち葉などを食べています。建物周辺に放置した木材がシロアリの餌になることがしばしばあるので、日頃の注意が必要です。

  • 餌が十分にあってもいつも新しい餌場を探している
  • いろんな餌場をランダムに動き回る
  • 地中の巣に餌を運ぶのは職蟻と呼ばれる働きアリである
  • 仲間に餌の在処をフェロモンで教える
シロアリの種類や被害のイメージ写真

お家周辺などで見かけた場合は注意が必要です。お家の外周からトンネル(蟻道)を延ばして侵入するケースもあります。

被害の様子

地中から延びるシロアリの蟻道

シロアリは家へと侵入し加害をする場合は、外敵等の侵入などを避けるため排出物や土砂を吐液で練り合わせたトンネルをつくります。

地中から延びるシロアリの蟻道

コンクリート基礎

シロアリはコンクリートでもひびや、配管との隙間から人知れず侵入を開始します。

コンクリート基礎

タタミ下の被害

シロアリは光や外気を嫌うため、お家のタタミの裏側など見えない部分を食害することがあります。食べることはないが、繊維類・プラスチック・皮革類など噛み破ることができます。

タタミ下の被害

樹木・木製品(杭やウッドデッキなど)

お家の庭などにある杭や樹木などにもシロアリが食害する可能性があります。そこからおうちに侵入してくる可能性があるので注意が必要です。

樹木・木製品(杭やウッドデッキなど)

一階の天井、屋根裏の被害

シロアリは湿濶な木材を好む為、結露や湿気などには十分注意が必要です。シロアリ古い木材も新しい木材も好んで食害します。

一階の天井、屋根裏の被害

シロアリの種類

シロアリの中でも特にお家に大きな被害を与えるイエシロアリとヤマトシロアリについてご紹介します。

  イエシロアリ ヤマトシロアリ
写真 イエシロアリ ヤマトシロアリ
羽アリの特徴 茶色 黒色
分布(発生地域) 関東地方の以西・以南 全国(北海道の北部を除く)
加害の特徴 建物全体
巣から距離のある場所にも加害を行う
湿気の多いところ
発生ピーク 6~7月 4~5月

シロアリとクロアリの見分け方

白アリとは違い、黒アリはお家に加害を行わないので安全です。白アリと黒アリは以下のように見分けることができます。白アリを見かけた場合は当社にご相談ください。

  シロアリの羽アリ クロアリの羽アリ
写真 シロアリの羽アリ クロアリの羽アリ
4枚とも同じ大きさ 前羽は後羽より大きい
くびれがなく太い くびれて細い
触覚 ジュズ状で直線状 L字状のものが多い

〒870-0131 大分県大分市皆春556-2

住まいのこと、何でもご相談下さい

×
MENU